【ポケモンGO】絶対おいてはいけないトレーニング不向きのCP1600以下ポケモンランキング!


th3_1859212i

翻訳元

CP1600以下でトレーニング不向きのポケモンランキングがまとめられていたので紹介します!!

まず、基本戦略として、

少ない労力で、10ジムをメンテナンスするためにライバルジムを壊すことよりもフレンドジムのメンテナンスの焦点を当てる。

ということだそうです。



6位 ラッキー

非常に厄介だが、幸いなことにレア度が高いため、低CPに対してトレーニングすることがなかなかないため、6位に留まりました。

5位 ヤドラン サイコキネシス

でんきポケモンは現在の環境でメタに向いていません。従ってヤドランを倒す場合はくさタイプで攻めることになるが、ヤドランはエスパータイプでもあるので、どくを持っているくさタイプにとって痛いです。

4位 シャワーズ みずのはどう

シャワーズはあまり訓練には悪くないですが、攻撃をかわすのが難しく、遅延のある多くのデバイスでは大ダメージを受けることになり、効率的な名声獲得を不可能にします。

3位 カビゴン のしかかり

高CPのカビゴンでジムを防衛する場合は最高のモンスターであるが、低CPの場合は悪夢となります。カビゴンに対して効率的に訓練する方法はありません。のしかかりは、遅延がおこることはありませんが、はかいこうせんやじしんより避けにくいです。

2位 ラプラス ふぶき

こおりタイプの影響で、みずタイプの弱点であるくさタイプをカバーする上、でんきタイプは力不足であり、弱点がほとんどありません。ラプラスを攻撃する場合はウインディが有効打ですが、これはトレーニング向けのモンスターではありません。ふぶきをもったラプラスは効率的な訓練を阻害するモンスターです。

1位 スリーパー サイコキネシス

スリーパーは最大の悩みの種である。私のようなスリープがホイホイ出現するエリアの場合(イングランドは大体)は、カジュアルプレイヤーがほとんどの場合スリーパー部隊を持っており、ジムのボトム層を埋めてしまいます。

サイコキネシスは遅延を引き起こし、有効打もあくタイプ数が少ないため、トレーニングに圧倒的に不向きです。

はははは

単純に強力で倒しづらいモンスターがダメなのかと思ったら、カジュアルプレイヤーが大量に持っており、勝手に埋めてしまうというのが最大の理由なんですな!コア層とカジュアル層の意識の差はどんなゲームでもありますが、頑張りすぎじゃないっすかね!!肩の力落としませんかね!

CP2793カビゴンも2分で余裕です!

防衛CPがばらけているときの高速トレーニングのコツ

長期防衛の最大の秘訣は絶対更地マンの有無