【ポケモンGO】宮城県でついに震災復興イベントが開幕!コイキング合戦!ポケストップ新設など!!!ケンタロスバリヤードガルーラは!!!?


th3_001_size4

 宮城県は11月12日、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」を活用したイベントを石巻市の中瀬公園を拠点に開催する。ゲーム上でアイテムが入手できる「ポケストップ」を新設できる企画やポケモンの捕獲を競うイベントなどを実施。東日本大震災で被災した地域への誘客促進を図る。
イベントの事業費は約1000万円で、ゲーム運営会社ナイアンティック(東京)の協力を得た。ポケストップの設置は石巻、東松島、女川、南三陸の4市町が対象。スマートフォンで撮影した希望場所の写真などを公園内の申請場所に持参すれば後日、審査を経た上でポケストップができることになる。
当日は、4市町を巡り、ポケストップの候補地を探す無料ツアーも開催。参加者は「雄勝」「南三陸」など4コースに分かれ、お気に入りの場所を探る。
ポケモン「コイキング」を時間内に捕獲し、総重量などを競う大会もあり、優勝者には宿泊券などが贈られる。会場には被災地のグルメを楽しめる飲食店ブースやスマートフォンの無料充電コーナーも開設する。
大震災で被災した岩手、宮城、福島3県と熊本地震被災地の熊本県は8月中旬、ナイアンティックと連携し、ポケモンGOを活用した観光振興に取り組むと発表。宮城は本年度一般会計補正予算に3000万円を計上しており、今後、愛好者向けの周遊マップなども作成する。

転載元



以前、

宮城県は30日、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」のイベント開催や、珍しいポケモンを出現させるシステム改修など関連経費3000万円を、県議会9月定例会に提出する2016年度一般会計補正予算案に計上する方針を固めた。東日本大震災で被災した沿岸部への誘客を促し、観光復興につなげるのが狙いだ。

【写真特集】こんなところにも…7月に国内配信された「ポケモンGO」の画面

県内で10月に開くイベント費用として1000万円を計上。ポケモンのゲームで遊ぶ広場を開設し、被災3県と熊本地震被災地の熊本県の特産品を販売するブースも設け、数万人規模の参加者を呼び込む。

愛好者に被災地を周遊してもらうための広報宣伝費は1500万円。ゲーム上でアイテムを入手できる「ポケストップ」を示した被災地の周遊マップを作製する。ポケモンGOの公式ホームページやポケモン関連のテレビ番組で被災地の取り組みをPRする。

被災地限定のポケモンなど、ゲーム運営会社ナイアンティック(東京)へのシステム改修費にも500万円を盛り込んだ。県は北米や欧州でしか出現しないポケモンを、期間限定で被災地に出してもらうよう同社に提案している。

ポケモンGOは、スマホの位置情報機能を使い、屋外を歩きながらキャラクターを捕まえたり、戦わせたりするゲーム。1カ月間で最もダウンロードされたモバイルゲームとしてギネス世界記録に認定されるなど、社会現象となっている。

こんな記事が出ておりましたが、さすがにケンタロスとかバリヤードとかガルーラとかは無理だったようですな!
無念であります!!