ポケモンGOプレイヤー、ついに地雷原へ突撃すwww【ボスニア】


th3__90450565_mediaitem90450564

今月6日に米国などで発売された「ポケモンGO」では、スマートフォンのGPS情報をもとに、現実世界のさまざまな場所でポケモン(ポケット・モンスター)を捕まえてプレーする。
ボスニア・ヘルツェゴビナで地雷除去に取り組む慈善団体「ポサビナ・べズ・ミナ」は、「ポケモンGO」利用者が危険地域に立ち入ったという情報を受けて警告を出した
同国では、1992~95年のボスニア・ヘルツェゴビナ紛争によって残された地雷で、少なくとも600人が死亡している。紛争終結から20年たった今も、約12万個の地雷が残っているとみられている。
ポサビナ・べズ・ミナはフェイスブックで、「ポケモンGOの一部の利用者がポケモンを捕まえようと、地雷の危険がある場所に行っているとの情報を受け取った」とし、「そのようなことをしないよう市民に求める。危険な地雷原を指定する区割りに従い、知らない場所には立ち入らないよう求める」と述べた。

全文を読む

みんなの反応

あの世へGOだけはやめてよ><;;

サトシでさえ火の中水の中草の中森の中あの子のスカートの中しか想定してなかったのに地雷の中まで探しにってしまった・・・

地雷原にディグダとかいそう!

愚かモンGETだぜっ!!

地雷埋まってる国でポケモンとか怖ええよな

リラックスしていきましょう〜!!